読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるさんのブログ

日々のバージョンアップを添えて(フランス料理風)

DMM英会話、はじめました 実施1日目

ラーメン屋の「冷やし中華はじめました」調でタイトルシリーズをきめてみた。 別に受けは狙っていない。狙っていないったら!

背景

そろそろ35歳になろうというのに、英語が話せない。

あ、いや、正確には、英語を話せる。 This! This! Please! Please!とか。

・・・。

まぁ入社した時は、TOEIC300点だったからね。 今は池袋のTOEICテスト専用塾に行ったので、600点まで上がったけどね。 とはいえ、TOEIC専用のテクニックで点を上げてしまったがために、本質的な英会話は全くできない。 ええ、さっきの例がガチで俺の現状である。

そんな中、最近、急に英会話しなければならないタイミングが増えてきた。

後、先輩はもっと多いらしく、高い価格の英会話教室に行き始めたそうである。 会社が変わったというより、先輩も自分も歳をとってしまったということなんだろう。 役職は上がってないのにね!(小並感的皮肉)

ちなみに先輩はTOEIV700オーバーのちゃんと勉強した人なので、きっと価格に見合う効果があるのだろう。ちなみに英会話教室は日本に視点があって、外国人ネイティブと直接お話しできる個人学習のアレだ。最近、都内の電車で広告しているやつね。

あと、自分にも英会話に自信があれば勤められていたであろう役職とかもあって、少し機会損失も始まり出してきた。

色々考えて、かつて、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を使ってDMM英会話を行なったが、少し英会話の恐怖心が減ったぐらいで、大きく改善された感じはしなくて、だんだんやらなくなっていた。 あ、教材として、これはオススメです。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

あと、これが決定的事象だったのだが、奥様に 「は? 外資なのに英語できないとかw 英語は何としても人並みになれwww」 という指令が下ったのは大きい。 なので、幸か不幸か学習に必要な資金も調達できてしまった。

つまり、お客様から発注を受けたら、やらなきゃいけないのが受注側の責務。 というわけで、「奥様はお客様です」番外編としてこのシリーズを作ったのです。

そんなわけで、英会話の勉強を始めてみた。

DMM英会話を選択した理由

単純に、講師が多い。あと、海外いろんな場所の先生いるし。

一応、外資の企業に勤めているので、いつか世界を股にかけることを考えると、フィリピンとか1国にだけ通用する英語では自身がなかった。

あと海外行くときも、いろんな国行くしね。 (パスポート、延長忘れて、なくなったけど・・・)

教材について

前に体験をしていたので、「話せる英会話」とかは、リピートするだけで、あまり会話力がついた感じがしなかったので、同じ教材はやめることにした。

アプローチとしてはディスカッションできるもの。 しかも、フリーだと単語を知らない自分としては話題に困ると考え、毎日やっても話題に困らないものとして、デイリーニュースを選んだ。

デイリーニュースの教材は、レベル分けされており、レベル6以下は記事に日本語翻訳がついているので、私のような英語が残念な人も人並みに会話練習することができる。

これは良い教材だと感じた。

時間について

何度かチャレンジしようと考えたが、結局のところ、夜より朝の方が効果的と感じた。 というのは、夜は眠くて会話できないからだ。

今日は朝にチャレンジしたが、結構、後で振り返りできる点においても、当分はこの時間で試そうと考えるに至った。

DMM英会話、はじめました

DMM英会話と登録すると、スタンダードだと毎日、英会話する機会が得られる。 30分のチケットなので、やってみるとすぐなのだが、これがハードル高い。 なんか知らないけど、英語できない人間にとって、この上なくハードルが高い。 そんなこんなで、2日ぐらい入会をためらってしまった。

しかしっ、本日、ついに入会した。 そして、1回目の英会話を行なったのであった!

1日目

朝の方が先生は多い気がする。 特に、ネイティブの先生がちらほら予約できるのは良かった。

ということで、今回はセルビアの先生(女性)を選んだ。 先生を選んだ理由は、評価数・・・というのは表向きで、実際は写真とか動画の雰囲気だ。これは一つのモチベーションになると実感した。

そして、早速開始。 スカイプのオンラインのやり方がわからず、開始時間になって気づく。 さすが1日目、どーでもいいトラブルが発生するぜ。

で、はじめに自己紹介を簡単に行い、教材を選ぶ。 って、先生が選ぶとは限らんのね。 教材を選ぶところに時間をかけてしまった。 次回からは、教材をコメント欄にて指定するようにしようと思う。

講義はマニュアルにある通り、デイリーニュースの教材を使った。

テーマは、北朝鮮のニュース。 セルビア人については興味なさそうだが、時間がない中で一番目に出たので慌てて選択したのでしゃーないw

はじめに主要単語を先生に習って発話。 次に、ニュース本文を先生に習って発話。 日本語訳も合わせて出てくるので、内容がわからなくなることはない。 これが、通称デイリーニュースライトらしい。 てっきり、ライトという選択肢があるのかと事前に見た時30分ぐらい迷ったが、どうやら、デイリーニュースの中のレベルで分けているだけらしい。

で、英語の本文を読んだあと、あらかじめ教材に記載された、質疑応答を行う。 これだけでも内容を理解していないと無駄に時間を食う。 先ほどから薄々思っていたが、事前に勉強しておけば良かった・・・orz

ここで時間切れ。 本当はディスカッションまでやる教材だったのだが、全然できず。 事前準備が足りなかったのかもなーと反省。

一方で、多少は相手に通じているようであるということがわかったのは安心材料として丸かな。

今後の当分は事前学習を行い、授業の密度を上げていこうと思う。 で、慣れてきて英語ニュースがさらっと読めるようになったら、事前準備を解除して、フリーディスカッションができるようにしていこうと思う。

一体、いつになったら、そこにレベルアップできるのかわからないが、まぁものは試しというやつである。