読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まるさんのブログ

日々のバージョンアップを添えて(フランス料理風)

休日なので12時ぐらいまでねてみんとす。 休みの日ぐらいゆっくり寝てみたかったのでちょうど良いかと思い、限界にチャレンジしてみる。 というのは娘がエルザに会いたいということとで急遽、家族がディズニーランドにいってしまったからだ。 というわけで、限界まで寝たので十分元気になった…はず。

ひげ剃りとマスクの相性って最悪ではないか?の件

で、ゆうゆう自適な生活をしていたのだが、昼になって嫁から連絡が。 『100円ショップ行ってきてほしい。ついでに誕生日のプレゼントも見てほしい』

ちなみに、我が家は近くに100円ショップがない。おもちゃ売り場など、なおさらである。近場を探しても、バス 十駅はかかる。めんどくさい。。。

『了解した』

俺に拒否権などない 首は横に振る昨日など無いのである。

仕方なしにのろのろとバス停に向かう。今日に限って地元は寒波の影響ですごく寒い。

厚着してリュック背負って向かう。リュックには仕事用パソコン 家の事務用書類と、一眼レフは忘れない。あと、マスクも。

で、バスに乗る。乗って人に揉まれながら気づいたが、口周りが痒い。あぁ痒い。かゆいかゆい…。

何故か…と考えて、出る直前に電機シェーバーの電動カミソリ使ったのを思い出す。そういえば出勤するときからムズムズするなと思っていたのだ。

これって、世の中の男性の多くは実は悩んでいるのではないか?

カミソリあとのマスク対策についてメーカーとしての保証を願う。いちかゆみに対して千円ぐらいほしい。精神的苦痛を伴うので、二千円でもいい。

バスの中で

昼過ぎだったせいか、バスが異常に混んだ。阿鼻叫喚の世界が生まれていた。1歳たっていない子供は叫び続けるし、隣のおじさんは(||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ 。中継駅につけば、グレーのフリースズボンの男性が入ってきそうなことに気づく。股間がもっこりしてるんですけどー!しかも大きくて腹立つんですけどー!!とか思うことしかり。

ま、全力で寝た俺には死角は無かった…わけない。子供うるさい…。自分も子持ちなのでどうしようもないことはわかるが 第三者からすると、結構きっつーな気分になることに気づいた。世の中は難しい。。。